ニュース

February 13, 2024

慈善宝くじ販売の5,000万ポンドの上限撤廃を主張:慈善活動を支援するには緊急の行動が必要

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherAishwarya NairResearcher

ゴードン議員リチャード・トムソンは、慈善宝くじの年間販売額の5,000万ポンドの上限を撤廃することを主張している。この上限は、宝くじが慈善団体に資金を提供する能力を大幅に妨げ、その結果、第三セクター団体への支援において数百万ポンドの損失が発生します。

慈善宝くじ販売の5,000万ポンドの上限撤廃を主張:慈善活動を支援するには緊急の行動が必要

生活費の危機とパンデミックの余波の中で、慈善団体からの資金需要が急増している。しかし、チャリティー宝くじは、年間売上高の制限を受ける唯一のギャンブル商品であり、正当な目的のために集められた資金に不必要な制限を課しています。

この問題に対処するために、トムソン氏は地元のボランティア団体のために人民郵便番号宝くじを使った仮想資金提供事業を組織しました。彼はまた、慈善宝くじの5,000万ポンドの販売制限を緊急に撤廃するよう英国政府に求めるキャンペーンも支持している。この措置は、全国の慈善団体が重要な資金を逃さないようにするために非常に重要です。

現在の上限である5,000万ポンドは、高インフレと生活費危機のため、実質ベースで17.4%の減少に相当する。上限が設定されたままであれば、その価値は年々目減りし続けます。今後 5 年間で、人民郵便番号宝くじの支援を受けている約 100 の慈善団体は、1 億 7,500 万ポンド以上の追加資金を失うと予測されています。

トムソン氏は財務大臣に書簡を送り、慈善宝くじの年間販売制限を撤廃する重要性を強調した。同氏は、時代遅れの規制により、弱い立場にある個人にサービスを提供する正当な理由から、必要不可欠な資金が差し控えられるのは不当であると強調した。

結論として、財務大臣と英国政府が行動を起こし、慈善宝くじの販売制限を撤廃することが不可欠です。そうすることで、慈善団体に大きな変化をもたらし、社会で最も弱い立場にある人々を支援するために必要な資金を確実に受け取ることができます。

この記事に返信したい場合は、ここに意見を送信してください。その意見は印刷物として公開される可能性があります。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

スクラッチカードからジャックポットまで:サウスカロライナ州在住の女性が30万ドルを獲得
2024-04-15

スクラッチカードからジャックポットまで:サウスカロライナ州在住の女性が30万ドルを獲得

ニュース